訪問介護の運営会社設立のポイント。


税理士・司法書士等が仙台・宮城の起業と会社設立をサポート。 地下鉄北四番丁駅徒歩ゼロ分。 月曜~土曜、9:00~17:30で営業中。

訪問介護(ホームヘルプサービス)

1.訪問介護とは

訪問介護は、ホームヘルプサービスとも呼ばれます。 要介護者、要支援者の居宅(一般的には自宅)において、入浴、排せつ、食事等の介護、その他日常生活上の支援を行うものです。

2.ホームヘルプサービスの要件(自治体により若干差があります)

(1)組織について

法人であることが求められます。

株式会社、合同会社、一般社団法人等の法人を設立するか、既存の法人に、介護保険法に基づく居宅介護事業を行う旨の目的を追加する必要があります。

(2)設備について

  • ①事業を行うために必要な広さの専用区画を有すること
  • ②必要な設備及び備品を有すること

基本的に、要介護者等の居宅を訪問するサービスですので事業所としての要件はさほど厳密ではありませんが、事務所としては職員、設備が収容できる広さは必要ですし、相談室は相談内容が漏れないよう遮蔽する必要があるでしょう。

(3)人員について

  • ①常勤かつ専従の管理者が1名以上(訪問介護員やサービス提供責任者との兼務も可能です)
  • ②サービス提供責任者が1名以上(介護福祉士、ホームヘルパー1級・2級等の資格が必要です)
  • ③訪問介護員が常勤換算で2.5名以上(介護福祉士等の資格や、介護職員基礎研修等の講習修了者であることが必要です)

3.申請時必要書類(一般的なものです。実際は他の書類も求められる可能性があります)

  • (1)指定申請書
  • (2)訪問介護事業所の指定に係る記載事項
  • (3)申請者の定款、寄付行為等の写し及び登記事項証明書又は条例等
  • (4)勤務表
  • (5)従業者の資格証の写し(訪問介護員等であることの証明書)
  • (6)従業者の雇用・人員配置の事実を確認できる書類の写し
  • (7)管理者の経歴書
  • (8)サービス提供責任者の経歴書
  • (9)事業所の平面図
  • (10)運営規程
  • (11)苦情を処理するための措置概要
  • (12)損害保険証書の写し
  • (13)資産の目録
  • (14)直近の決算書又は当該年度の事業計画書・収支予算書
  • (15)誓約書
  • (16)役員名簿
  • (17)介護給付費算定に係る体制等状況に関する届出

4.許可に要する期間

申請書受理後、約2か月程度です。