節税対策を目的とした会社設立・法人化。


税理士・司法書士等が仙台・宮城の起業と会社設立をサポート。 地下鉄北四番丁駅徒歩ゼロ分。 月曜~土曜、9:00~17:30で営業中。

節税対策のため

節税のために会社・法人を設立したいと考える方は多いようです。

このページでは、会社・法人で利用できる節税方法をご説明します。

会社・法人で利用できる節税方法

会社から自分へ給料を支払う。

典型的な節税方法です。

自分の給料を会社の経費にしたうえ、更に自分の給料については給与所得控除による節税ができます。

会社から家族に給料を支払う。

会社なら家族への給料も必要経費とした上に、更に扶養者控除も受けられます。

自宅を会社の社宅にする。

この方法を採用すれば、自宅の運営費の一部を会社の経費とすることができます。

ただし、この点は税務調査の重点調査項目の一つですので、どの程度の社宅経費を計上するかについては、慎重に検討しなければなりません。

なお、自家用車を会社名義にすることで、同様の方法が使えます。

自分や家族に対して退職金を支払う。

会社・法人の場合、自分や家族に対して支払う退職金を経費にすることができます。

一方で、退職金を受け取る自分や家族においては、退職所得控除の制度を利用することができます。

生命保険に入る。

会社・法人で生命保険に入ると、契約内容によっては生命保険料を経費にすることができます。

事業継承における相続税対策(納税資金対策)にもなります。

必ずしも節税になるとは限らない!

以上のとおり、会社・法人にはさまざまな節税方法があります。

一方で、赤字でも法人住民税の支払義務があったり、経費として計上できる交際費に上限ができてしまったりと、デメリットもゼロではありません。

節税のための法人化をお考えでしたら、慎重にご検討されることをお勧めします。

公認会計士・税理士による法人化シミュレーション

High Fieldグループでは、所属の税理士による法人化シミュレーションを実施しています。

個人事業を続ける場合と法人化した場合とを客観的な数字で比較できるため、たいへんご好評をいただいております。

節税のための法人化をお考えの方は、是非ともご用命ください。

⇒ 法人化シミュレーションのページへ